ガパオライス

トップヒットタイファーストフード

ファーストフードには、最も速く売るマクドナルド、KFC、バーガーキングなどの有名なファーストフードブランドでよく知られているアメリカからきた文化があります。ファーストフードは、店内で食べたり、何処でも持って行って食べたりすることができます。ファーストフードは高くないし、快適で早いです。それは非常に人気があります。

タイ人にとって、そして外国人、特に日本人に人気のあるタイのファーストフードについて考えるなら、それらの一つは避けられないガパオライスは間違いないです。今日は、タイ人と日本人の両方で人気のあるタイファーストフードのトップヒットメニューをお勧めします。

ガパオライス  (Khao Pad Krapow)

ガパオライス

バジル葉の香り、唐辛子のスパイスの辛さの「ガパオライス」又はタイ語の「Khao Pad Krapow」又は英語の「Fried Rice with Basil Leaves」はタイのシンプルなファーストフードです。特に時間と競争しながら急いで生活している都市社会には、早く短い時間で作れる料理を食べることが必要になります。更に、バジル葉の香り、新鮮なニンニクを混ぜたホットスパイシーな唐辛子のプラスで、もっともっと美味しい味に加えるでしょう。そこで、「ガパオライス」は、すべてのレストランが持っている必要なメニューで、あらゆる年齢層の人々の好きな料理です。

それはタイだけではありません。米国の全州のすべてのタイレストランには、「シグニチャーメニュー(Signature Menu : 店舗のアイデンティティに特有のメニュー)」としてのガパオライスメニューを持っています。ネーデルランドの首都であるアムステルダムには、チャイナタウン (China Town) にタイのレストランがあります。このレストランはタイ人味と外国人味の別々にガパオライスを作ります。一番有名なメニューはエビガパオライスです。フランスのパリにある中華・ベトナム・タイの 3 IN 1 料理のレストランでは、ガパオライスの A LA CARTE メニュー(アラカルトまたはシングルメニューの意味)も Take home メニューもあります。日本の全てのタイレストランには、 ガパオライスメニューが、アメリカと同じくシグニチャーメニューになります。2013 年以来より、ガパオライスは日本の有名な「ほっともっと弁当」のプラットホームにポピュラーなメニューとして、日本人のお気に入りだと言うのはすぐ見えるでしょう。

実際には、ガパオライスはタイ人が 50 年以上前に工夫して開発したメニューです。それは、タイに来た中国難民の野生の食べ物から来ています。 このメニューは、豚肉、牛肉、チキンなどの野生をチョップして油で揚げ、唐辛子、バジルの葉を入れて作ったものです。バジル葉の香りと唐辛子の辛さは肉の臭いを減らすことに役立ちます。

チキンライス  (Khao Man Kai)

チキンライス

チキンライス  (Khao Man Kai) 又は英語で「Hainanese Chicken Rice」はタイのすべての地域で人気のファーストフードです。それは「Hainánjīfàn」と中国語で発音され、「ハイナンチキンライス」を意味しているので、中国人のハイナン人から来た食べ物だと推測されるでしょう。マレーシアとシンガポールでも人気のある料理です。また、日本の外国の食品愛好家のトップ 15 にランクインしている料理です。

チキンライス

カオムーデン  (Khao Moo Daeng)

カオムーデン

カオムーデンは、チャイルドチリ(叉燒)と呼ばれる伝統的な中国料理で、中国から由来しているタイファーストフードで、グリルやバーベキュー料理の一種です。 豚肉、イワシをよく使って、グリルする前に、蜂蜜、5つのスパイスの粉、醤油、ホーインソース、およびチェリー酒を混ぜて発酵します。そして、温かいご飯と一緒に美味しく食べます。

日本では、「チャーシュー」と呼ばれる中華料理の「ムーデン」に似ている豚肉料理があります。ラーメンの中に入れて食べます。蜂蜜と醤油で味付けして低温でシチューします。

タイ、マレーシア、シンガポールとインドネシアは、ご飯メニューとも麺メニューともよく「ムーデン」を一緒に入れて食べます。 キュウリ、タマネギを添え、赤い豚肉ソースをトッピングして食べます。また、クリスピーポーク、豚のソーセージ、ゆで卵と一緒に加えて食べます。

Photo Source : www.wongnai.com, https://hitzhot.com, www.google.co.th