クジラ

タイ湾岸でのクジラ・グリーンウェイ観光

クジラは大きな哺乳動物類です。自己の言語があり、複雑な社会制度を持っている動物です。更に、この惑星の人間を含むすべての動物のうちに創意工夫や独創性のトップです。タイでは、2014 年 8 月 16 日に初めてタイ湾岸でクジラが発見されました。この鯨はタイ湾で発見された唯一のクジラ種で、世界の他の地域よりも小さいので、多くの外国の科学者は鯨研究に興味を持ってタイ湾に来まして、科学的名前は「 Balaenoptera edeni とBalaenoptera BRYDE 」と名付けられ、青いクジラ (Blue Whale) とフィンクジラ (Fin Whale) を含む「 バラエノプテリダエ (Balaenopteridae) 」家族系に配置されています。更に、南アフリカに駐在ノルウェー領事の「ヨハン・ブライド (Johan BRYDE) 」を称えるために「BRYDE’s Whale」と名付けられました。そして、タイ湾岸の発見されたクジラは、世界一の新しいタイプの鯨です。

クジラ

現在は、クジラ骨格はタイに 100 以上の場所で発見されていますが、プラチュアップキリカーン県のボノク (Bo Nok, Prachuap Khilikhan) の周辺に最も多いです。それはタイ湾の海洋資源の豊富さの指標です。これらの鯨は、毎年10月から12月にかけて、ペチャブリー県 (Petchaburi)、サムットソンクラーム県 (Samut Songkhram)、サムットサコーン県 (Samut Sakhon)、チャチェンサオ県 (Chachoengsao) のエリアにあるタイ湾岸の餌を食べる為に来ます。

タイ湾岸のクジラウォッチングポイントの地図

BRYDE’s Whale は国際貿易禁止策におけるタイの法律に​​よって保護されている動物です。そして、この鯨種は絶滅の危機に瀕しています。BRYDE’s Whale は中型クジラで、かなりスリムの形状です。長さは12-17メートル、重さは40トン以上です。体の色は濃いグレーです。そして、白いドットが顎の下と首の下に散発的にあります。いくつかは背中にかすかなバンドを持っています。それらのうちのいくつかは白で灰色がかっています。海にいる時には、口の上に発音される3つの尾根の音に気付くでしょう。それは、口から呼吸穴の位置まで互いに平行です。クジラの他のタイプは、口の真ん中で唯一の尾根を持っています。背鰭を見る前に長時間で頭と息を吐く噴水が見えます。

タイの中央湾の多数クジラと自然の素晴らしさを心よりお楽しみ!

グリーンウェイ観光の意識の下で、観光客は、顧客としての我々の人間が動物の自然中の家を訪れる場所と動物を尊重しなければなりません。動物の家に行った時、必ず責任を持って良い訪問者でなければなりません。更に、ホストに対しての尊敬を持っている必要があります。ただクジラだけではありません。しかし、自然のすべてです。ゴミを放置しない、騒音もしないで下さい。全てはすべての動物と自然に影響します。

クジラ
クジラ

これらの鯨は、毎年 10 月から 12 月にかけて、ペチャブリー県 (Petchaburi)、サムットソンクラーム県 (Samut Songkhram)、サムットサコーン県 (Samut Sakhon)、チャチェンサオ県 (Chachoengsao) のエリアにあるタイ湾岸の餌を食べる為に来ます。

殆どの観光客は、海中でクジラを見るために巡航する様な通常チャーター漁船やボートツアーで、ペチャブリー県のクジラ (BRYDE’s Whale) を訪れます。チャーターサービスは 3つのポイントがあります。つまり、

  • レームファックビア (Laem Phak Bia)
  • チャオサムランビーチ (Chao Samran Beach)
  • バンタブーン河口 (Bangtaboon Estuary)

Source :  http://chomwhales.org, www.dmcr.go.th, www.amazingthaitour.com, www.nicaonline.com, www.imgrumweb.com